奄美諸島道の島・その歴史は、日本の歴史に大きな影響。

香辛料と交易

香辛料と交易

香辛料 
香料は食品用の胡椒、シナモンなどの香辛料、化粧品に使われる香料、線香などの原料になる香木がある。交易の主要なものは、肉料理の臭みを取り香り付けをすると共に肉を長持ちさせる働きのある香辛料であった。
後に、フランス、イギリスがその種を奪いモーリシャス、グレナダに香辛料の栽培基地を作ることに成功し次第に日常品となる。
モルッカ諸島の香料を古くは、ジャワ商人がジャワに運び、インド商人、イスラム商人が、中国、西アジア、ヨーロッパ、アフリカへ運んでいた。
この地域の交易は、紀元前200年頃には、インド亜大陸との交易を示す貨幣として使用されたオニキスが発見されている。そして、6~7世紀に中国、13世紀にイスラム商人が、16世紀にポルトガル、スペイン、オランダがやってくる。
a:558 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional