海と島の奄美旅情報  シマのいぶき

集落シマ探訪

集落シマ探訪

赤木名集落

画像の説明 古代の山城跡、赤木名城(グスク)の山

画像の説明 江戸時代には代官所がおかれ発展していた。

画像の説明 今日も笠利町の中心地奄美市役所笠利支所がある。

画像の説明 古い石垣。海風から家を守る。

ところで遣唐使の時代には、その航路として南島路というのがあり奄美北部が示されていることと奄美諸島の中でもっとも北に位置する、しかも水深のある入り江であることから古代から風待ち港であったと推察されている。
このことはまた平清盛の頃の交易でも大いに栄えていたと考えられ日本の交易史に深く関わっていたとも推察される。

a:217 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional